フォローマティックXY 評価 レビュー アクセスアップの効果

集客の手段

 

さて、自分のブログに集客する手段として、

 

コンテンツの充実とキーワード戦略はかかせませんが、

 

それとは別に集客を補助する手段も有効なものはあります。

 

それはSNSの利用ですが、特にツイッターはまだまだ有効な手段といえます。

 

ツイッターにつぶやいた時にそれを見てもらえる仕組みというのは単純で

 

ようするに自分のアカウントのフォロワーのタイムラインに優先的にツイートが流れる仕組み

 

です。

 

なのでツイッターで集客したいときはフォロワーをたくさん集めればいいわけです。

 

そして

フォロワーを簡単に増やせるツール

というものがあります。

こういったツールにはいくつかあるわけですが、

その運営やこれまでの実績から強く推薦できるものが

フォローマティックXYです。

 


特商取引法に基づく表記
販売者名義 株式会社Manifold Knowledg
販売責任者 北川雅嗣
住所 北海道札幌市北区北19条西 6-1-15 キングパレス305号

さて、このフォローマティックXYでは

どんな事ができるのか?

という事ですが、まとめてみると

フォローマティックはXとYに分かれており、

 

まずフォローマティックXの主な機能は

.自動BOT (呟きの自動化)

.属性に合わせたアクウントの抽出と自動フォロー

.片思いアカウントのリムバー機能

.クチコミの自動化や拡散機能

.凍結ストッパー

といったところです。

つまりツイッターで自然な感じでにフォロワー増やしていくのに
必要な作業を自動化した機能です。

ツイッターは不自然にフォローを大量に無作為にしたり

するとすぐアカウントがロックされたり凍結されたるする危険があります。

 

特にフォローばかり多くなりフォロワーが少なかったりすると目を付けられやすいです、

 

これをうまくツールでコントロールしながら、フォロワーを増やして

くれるのがフォローマティックです。

 

ツールの精度でいうと
やはり、無料のツールでは太刀打ちできない
クオリティーがフォローマティックxyには
あります。

 

実際使えばわかりますが、毎日フォローマティックを稼働させれば

あっという間にフォロワーは増えます。

 

2000人あたりまではほんとあっという間です。

このぐらいフォロワーが増えてくると、たとえばブログ投稿とツイッター

 

を連動させれば、記事投稿のたびに明らかにアクセスが増えます。

 

フォローマティックYの機能

 

さらにフォローマティックYではどんなことができるかというと

ごく簡単に言うと、

「登録アカウント間でのリツイートを行う」機能を持っています。

リツイートの利点は何と言っても、
「自分のフォロワーに、自分のリツイートしたツイート内容が表示される」
と言う事です。

具体的にどんなことになるかというと

たとえば、フォロワー数の少ない(100)アカウントAのつぶやきを、
フォロワー数の多い(1万)アカウントBでリツイートすれば、

アカウントAのツイートが、Bの1万人のフォロワーのタイムラインに曝されます。

このときに、Aのアカウントが、とびきり面白いつぶやきをしているとしてたら
Bのフォロワーのうち、このアカウントを見た何人かが
Aの事をフォローする、と言う流れです。
ここまでが基本的な話です。

 

この機能を戦略的に仕組みにすれば、稼ぐ仕組みに応用できるわけです。

 

このへんの組み立てはかなりバリエーションと

拡張性がありそうです。

 

フォローマティックXYの欠点

フォローマティックの弱点も検証してみましょう。

 

フォローマティックは自動フォロー用の「X」を使うにはPCを起動させておく必要があります。

 

でも、一日中PCを起動させておくことができる人はそういません。

※YはWEBサービスとなっているのでPCを閉じていても問題ありません。

そんな人はVPSという仮想サーバーを借りて、そこに仮想のPCを置いてフォローマティックXを動かす方法も

あるようですが、余計なお金がかかります。

 

なので、使い方には工夫が必要かもです。

 

ただほんとずっと稼働させておけば、どんどんフォロワーは増えます。

 

単純に機能的なツールと割り切ってつかえば、単純に優れた武器になるといえるでしょう。

フォローマティックXYの購入ページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

コメント